家を売る手順

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

住宅の売買というのは、それを生業としていなければ、一般的に人生において何度も経験するものではありません。未経験で知識もなく、大きな金額の売買契約ともなると、不安になるのは当たり前です。そんな大きな売買だからこそ、売却に必要な手順を事前に理解できれば、安心して家の売買契約をすることができます。

家を売ると決めたら、自分でやらなければならないことがあります。まずは家の相場を調べて売却価格を設定します。相場を調べる方法は、最寄り駅からの距離や物件の広さ、築年数などを考慮して、似たような物件の価格を調べます。
PC次に、不動産業者を選びます
当然より高く売却してほしいわけですから、物件のあるエリアに強い不動産会社を選びます。
これらの情報はWEBサイトを活用して調べることができるため、事前にしっかり調べることをお勧めします。

相場を調べたら、実際に家がいくらで売れそうか不動産会社に調べてもらいます。不動産会社とのやりとりは、ここから始まります。売却価格は高い方がいいわけですから、査定額だけでなく、販売活動をどのように行うのかも確認してください。査定は、市況や販売実績を参考にして、家屋の状態なども考慮して総合的に算出されます。査定は、各社算出方法が異なるため、不動産会社は一社だけでなく複数の会社に依頼しましょう。