買い手との交渉につてい

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

掃除家を売却する際に購入希望者の内見があります。
中古とは言え高額の不動産購入ですから、必ず内見があります。
内見の希望があった場合は、事前に不動産会社から連絡が入ります。
見学者の購買意欲を高めるようにするために、掃除はもちろん、生活のイメージがしやすいように整理整頓をしておきましょう。

見学者に好印象をもってもらうためには、人と同じでファーストインプレッションが重要です。つまり玄関のイメージはそれと同じで大切になります。整理整頓はもちろんのこと、照明をつけて明るくするなど、良い印象を与えるためのさまざまな準備をします。

次はいよいよ購入希望者との交渉になります。購入希望者にも希望額があるため、当然販売希望価格で契約が成立するとは限りません。売買価格だけでなく、引き渡し時期や支払方法など、それぞれ不動産会社を通じて交渉することになります。不動産会社がうまく交渉を進められるように、希望については事前に可能な限り詳細に不動産会社に伝えておく必要があります。

また、売る側、買う側それぞれに要望があるため、交渉において妥協点を探るのがポイントです。価格は譲れないが、引き渡し時期の調整ならできるとか、家具家電などを付けたまま渡せるだとか、不動産会社と調整しながらうまく交渉したいものです。


関連記事↓

不動産会社の選び方

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

家を売る際に売却価格はとても重要です。なるべく高い金額で売却したいからです。そのため、査定、販売を行う不動産会社を選ぶことは売却価格を決めるといっても過言ではありません。まずは複数の不動産会社に査定を依頼します。提示された査定価格や販売活動を確認して、最も要望に近い不動産会社に仲介を依頼します。正式に依頼をする際は媒介契約が必要です。媒介契約は、1社に任せるのか、他の会社にも任せるのか複数の選択肢があります。

媒介契約のうち専任媒介と専属専任媒介は、1社に絞って契約します。契約パートナーが一社なので、契約した不動産会社が売却できれば仲介手数料を稼げるわけですから、積極的な販売活動が期待できます。一方、一般媒介は複数の不動産会社に依頼できるため、幅広く販売活動をしてもらえる可能性が高まります。

不動産売買ネットワーク売却価格を設定すると、不動産会社が販売活動を開始します。
不動産会社が専用の売買ネットワークに物件情報を登録したり、不動産情報誌やネットの不動産サイトなどに広告を出したりします。
この段階では、不動産会社と密に連絡を取り合い、市場の反応を確認する必要があります。

不動産会社の査定額は、一般的に3カ月程度の販売活動で成約可能な金額設定となっています。高く売りたいあまりに、査定額とかけ離れた価格設定をしてしまうと成約しづらくなるリスクがあります。

家を売る手順

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

住宅の売買というのは、それを生業としていなければ、一般的に人生において何度も経験するものではありません。未経験で知識もなく、大きな金額の売買契約ともなると、不安になるのは当たり前です。そんな大きな売買だからこそ、売却に必要な手順を事前に理解できれば、安心して家の売買契約をすることができます。

家を売ると決めたら、自分でやらなければならないことがあります。まずは家の相場を調べて売却価格を設定します。相場を調べる方法は、最寄り駅からの距離や物件の広さ、築年数などを考慮して、似たような物件の価格を調べます。
PC次に、不動産業者を選びます
当然より高く売却してほしいわけですから、物件のあるエリアに強い不動産会社を選びます。
これらの情報はWEBサイトを活用して調べることができるため、事前にしっかり調べることをお勧めします。

相場を調べたら、実際に家がいくらで売れそうか不動産会社に調べてもらいます。不動産会社とのやりとりは、ここから始まります。売却価格は高い方がいいわけですから、査定額だけでなく、販売活動をどのように行うのかも確認してください。査定は、市況や販売実績を参考にして、家屋の状態なども考慮して総合的に算出されます。査定は、各社算出方法が異なるため、不動産会社は一社だけでなく複数の会社に依頼しましょう。

家を売る時に気を付けること

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

一軒家家を売るということは、古着を古着屋に売るのとは違い、高額な取引になりますし、税品や手数料、法的な手続き等、素人には分からないことが多いです。
ここでは家を売却する際に気を付けることを確認します。

まず家を売却する前に、売る方がいいのか貸す方がいいのか検討する必要があります。売るほうがいい場合というのは、誰も住まない家を維持するのが難しい場合や、不動産ではなく別の金融商品や保険で資産として運用したい場合などは売却が向いているかもしれません。一方、貸すほうが向いている場合があります。家に思い入れがあり、手放したくない場合や、売却を検討している物件が実家の場合で、将来する予定がある場合、賃貸需要がある地域で、収支的にプラスとなる家賃が見込める場合などは売却ではなく、賃貸を検討する余地があります。

家を売ると売却代金が得られる一方で、仲介手数料のような費用も発生します。売却して利益が発生すると、譲渡所得に対する所得税が発生します。ただし、家を譲渡して得た譲渡所得からは、3000万円まで控除できる特例があります。

家を売る時に必要な費用は、不動産会社に支払う仲介手数料、売買契約書の印紙税等の諸費用、ローンが残って場合は抵当権抹消費用、その他不用品の処分費用、譲渡所得にかかる税金等が発生します。大切な家を一度売却してしまえば、再利用することができなくなります。貸すのであれば、大家業をしなければなりません。個人で仲介はできないため、適切な不動産会社を選ぶことが重要です。