家を売る時に気を付けること

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

一軒家家を売るということは、古着を古着屋に売るのとは違い、高額な取引になりますし、税品や手数料、法的な手続き等、素人には分からないことが多いです。
ここでは家を売却する際に気を付けることを確認します。

まず家を売却する前に、売る方がいいのか貸す方がいいのか検討する必要があります。売るほうがいい場合というのは、誰も住まない家を維持するのが難しい場合や、不動産ではなく別の金融商品や保険で資産として運用したい場合などは売却が向いているかもしれません。一方、貸すほうが向いている場合があります。家に思い入れがあり、手放したくない場合や、売却を検討している物件が実家の場合で、将来する予定がある場合、賃貸需要がある地域で、収支的にプラスとなる家賃が見込める場合などは売却ではなく、賃貸を検討する余地があります。

家を売ると売却代金が得られる一方で、仲介手数料のような費用も発生します。売却して利益が発生すると、譲渡所得に対する所得税が発生します。ただし、家を譲渡して得た譲渡所得からは、3000万円まで控除できる特例があります。

家を売る時に必要な費用は、不動産会社に支払う仲介手数料、売買契約書の印紙税等の諸費用、ローンが残って場合は抵当権抹消費用、その他不用品の処分費用、譲渡所得にかかる税金等が発生します。大切な家を一度売却してしまえば、再利用することができなくなります。貸すのであれば、大家業をしなければなりません。個人で仲介はできないため、適切な不動産会社を選ぶことが重要です。