不動産会社の選び方

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

家を売る際に売却価格はとても重要です。なるべく高い金額で売却したいからです。そのため、査定、販売を行う不動産会社を選ぶことは売却価格を決めるといっても過言ではありません。まずは複数の不動産会社に査定を依頼します。提示された査定価格や販売活動を確認して、最も要望に近い不動産会社に仲介を依頼します。正式に依頼をする際は媒介契約が必要です。媒介契約は、1社に任せるのか、他の会社にも任せるのか複数の選択肢があります。

媒介契約のうち専任媒介と専属専任媒介は、1社に絞って契約します。契約パートナーが一社なので、契約した不動産会社が売却できれば仲介手数料を稼げるわけですから、積極的な販売活動が期待できます。一方、一般媒介は複数の不動産会社に依頼できるため、幅広く販売活動をしてもらえる可能性が高まります。

不動産売買ネットワーク売却価格を設定すると、不動産会社が販売活動を開始します。
不動産会社が専用の売買ネットワークに物件情報を登録したり、不動産情報誌やネットの不動産サイトなどに広告を出したりします。
この段階では、不動産会社と密に連絡を取り合い、市場の反応を確認する必要があります。

不動産会社の査定額は、一般的に3カ月程度の販売活動で成約可能な金額設定となっています。高く売りたいあまりに、査定額とかけ離れた価格設定をしてしまうと成約しづらくなるリスクがあります。