買い手との交渉につてい

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

掃除家を売却する際に購入希望者の内見があります。
中古とは言え高額の不動産購入ですから、必ず内見があります。
内見の希望があった場合は、事前に不動産会社から連絡が入ります。
見学者の購買意欲を高めるようにするために、掃除はもちろん、生活のイメージがしやすいように整理整頓をしておきましょう。

見学者に好印象をもってもらうためには、人と同じでファーストインプレッションが重要です。つまり玄関のイメージはそれと同じで大切になります。整理整頓はもちろんのこと、照明をつけて明るくするなど、良い印象を与えるためのさまざまな準備をします。

次はいよいよ購入希望者との交渉になります。購入希望者にも希望額があるため、当然販売希望価格で契約が成立するとは限りません。売買価格だけでなく、引き渡し時期や支払方法など、それぞれ不動産会社を通じて交渉することになります。不動産会社がうまく交渉を進められるように、希望については事前に可能な限り詳細に不動産会社に伝えておく必要があります。

また、売る側、買う側それぞれに要望があるため、交渉において妥協点を探るのがポイントです。価格は譲れないが、引き渡し時期の調整ならできるとか、家具家電などを付けたまま渡せるだとか、不動産会社と調整しながらうまく交渉したいものです。


関連記事↓